≪ 2017. 06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 08 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

Mexico 7日目

7日目:12月31日(金)Puebla

やってきました大みそか!

が!昨日の食べ過ぎの影響か、マリカと2人して
お腹の調子がどーも微妙、、、

朝ごはんはパスして、市場へ行ってみると
今回の旅で一番の活気溢れる市場だった。

肉、魚、野菜そして雑貨と、なんでもアリで
ものすっごい人出!
まるで山手線の渋谷駅のよう。

豚の頭や頭が無くなった体がぶら下がっていたりして
なかなかに目を覚まさせてくれる景色が広がります。
白目をむいた豚さんと挨拶を交わしつつ、ウロウロ。

メキシコ人のパワーを吸収し、街歩きへ出かけるも
さすがに大みそか、閉まっている博物館や教会が多い。

そんな中、革命家セルダンの家や
織物王ホセ・ルイス・ベージョ&セティーナ博物館を見学。



0RIMG0758.jpg

どちらも「じゃ、ここでも行くか」という失礼なノリで
訪問したけれど、なかなか見応えのあるところでした。

やや不安なお腹を抱え、落ち着いて食べられそうということで
プエブラの有名店というレストランへ行ってみる。

○昼ごはん:鶏肉ソテー(パンプキンシードの緑色のソースと
やや辛味のある赤いソースがかかっている)、
サボテンサラダ、ゴマ付きパン1人70ペソ程


最初、ガラガラで「大丈夫か?」と思ったけど
さすがに中の上くらいの、美味しさはキープ!

その後、一旦ホテルへ戻り、夜まで休憩。

7時過ぎにカテドラルへ行ってみると、
大みそか礼拝をしていて、参列者の方がいっぱい。

教会に溢れるほどの人の祈りの中で
今年1年、健康で無事に過ごせたことに
感謝する気持ちが大きくなる。

カテドラル近くのレストランで軽く夕食。

○夜ごはん:トルタ(野菜+豆ペースト)、
お米入りチキンスープ、レモングラスティー


全てがお腹に優しい味で温まりました。

ホテルへ戻り、そのまま新年を迎える。

広場では大騒ぎかな?と思ったけれど
地方都市プエブラでは、静かな町に似合う
控えめな花火の音とカテドラルの鐘の音が響くだけでした。

マリカと新年の挨拶を交わし、
過ぎ去った一年を振り返りつつ、私を支えてくれた全てに感謝し、
吸い込まれるように眠りに落ちる私なのでした。

宿泊先:Hotel San Leonardo Puebla(1室:¥8,441)
スポンサーサイト
2011. 03. 28. (Mon) 04:45  [旅行コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。