≪ 2017. 06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 08 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

Mexico 6日目

6日目:12月30日(木)Oaxaca→Puebla

プエブラ行きの9:00発のバスに乗るべく
“1等”バスターミナルへ。

0RIMG0707.jpg

やっぱり到着した時のターミナルは
“2等”だったんだ、と納得のキレイさ。
1等と2等ではまるで別もの。

ターミナル前のトルタ売りのおばちゃんに色々、味見させてもらって、
結局、定番の鶏肉入りタマレを挟んだトルタを購入。

○朝ごはん:タマレ入りトルタ(トウモロコシ粉の中に
鶏肉を入れて蒸した“ちまき”のようなタマレを
柔らかめのバケットに挟んだもの)18ペソ


ここのトルタはかなり大きくて小顔女子の顔くらいある。
(私の顔よりは小さい)

それに、ターミナル前という立地のためかやや高め。

TV付きのメキシコらしからぬ豪華バスでプエブラへ。

5時間ほどで無事到着、タクシーでホテルへ向かう。

荷物を置いて、街へ散策に出かけ、メキシコ庶民で
賑わっているタコス屋さんでお昼ごはん。

0RIMG0708.jpg

○昼ごはん:タコス(鶏肉)、イチゴソーダ 1人50ペソ

タコスはすごくシンプルで小さめ、地元の人は
スナック感覚でパパっとつまんでいる。
イチゴソーダは真っ赤な色と甘ーい味が
かき氷のシロップを思い出させます。

ソカロに面したカテドラルサント・ドミンゴ教会を見学。

0RIMG0714.jpg
0RIMG0717.jpg
0RIMG0721.jpg
0RIMG0726.jpg
0RIMG0731.jpg
0RIMG0739.jpg
サント・ドミンゴ教会、礼拝堂はさすがの迫力!
「わたしのワンピース」のうさぎさん風のマリア様がカワイイ。

そして、夜ごはんはカエルがにっこり誘うタコス屋さんにトライ。

0RIMG0745.jpg
0RIMG0749.jpg
0RIMG0750.jpg
0RIMG0751.jpg

○夜ごはん:メキシコ風野菜炒め?(豚肉、玉ねぎ、ピーマン、
ベーコン、チーズを炒めたものをトルティーヤに包んで食べる)、
タコス(豚肉)、エシャロット 1人70ペソ程


美味しかったけど、メニュー選びを失敗して
同じような味付けの豚肉を大量に食べる羽目に。

若干の旅疲れ、食べ疲れを感じつつ
温かく、陽気なメキシコで“師走”を
全く実感できない私なのでした。

宿泊先:Hotel San Leonardo Puebla(1室:¥8,441)
スポンサーサイト
2011. 03. 28. (Mon) 03:42  [旅行コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。