≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

ちぐはぐな春分

久しぶりに気持ち良く晴れ渡った休日。

父方、母方それぞれのお墓参りへ。

平和なお休みになりそうなはずが、
なんだか、朝から心がざわざわして
ちぐはぐな感じの一日になった。

がちゃがちゃせわしないところでご飯を食べて
わさわさと人が押し寄せる場所へ行った。

そして、大事なストールを失くした。

昼と夜が同じ長さの春分の日。

つまりは昼と夜の配分がグルッと反対になる日ゆえ
私のなかの何かがひっくり返って落ち着かなかったのか。

浮ついた心のせいで手放してしまったモノに
申し訳ないような気持ちを頂きつつ、でも失くしたものを
あまり惜しむのも良くないと、どこかで読んだような気もするし
「自分の注意が行き届く」範囲で行動をすることの
大切さを学んだと自分を納得させる私なのでした。
スポンサーサイト
2012. 03. 20. (Tue) 20:54  [その他コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。