≪ 2017. 10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 12 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

夏バテ知らず

ニューヨークは日が落ちてから、
雨が降っていて、少し肌寒いくらいの夜。

昼間はやはり暑いけど、食欲だけは衰えず。

キッチンでちょこちょこと作るいろいろ。

旬のプラムはブラウンシュガーと一緒に煮て、コンポート。



ギリシャ風ヨーグルトという、普通のヨーグルトより
もったりしていて、味も濃厚なものと、ドライプルーンと一緒に。

0RIMG1618.jpg

たくさんできたコンポートのシロップは、
ビンのデザインがレトロでステキな炭酸水で割って
レモンを絞ってみたり。

0RIMG1619.jpg

珍しく、“ガーリー”な朝食。

こちらも今が旬のイエローピーチ
ギリシャ風ヨーグルトを添えて、
ナッツやドライフルーツを散らして。

この桃もコンポートにしようと買ってきたけど
あまりに甘くてジューシーなので、結局
コンポートにする間もなく、完食。

RIMG1620-1.jpg

こちらは簡単ひとり夕ご飯。

イエロースクワッシュとズッキーニの薄切り、牛ひき肉を
にんにくで香り付けしたオリーブオイルで炒めて
ショートパスタに和えただけ。

でも、大好きなイタリア食材店の本物パルミジャーノ
たっぷりかけたら「なかなか」な味になって、満足満足。

RIMG1622-1.jpg

そして、これは、ファーマーズマーケットで
破格の $1.50で購入したディル

日本のスーパーでちょこぉ~っと売ってるのとは
桁違いのボリューム!こんなにあって、どーしましょ!

とりあえず、ちょこちょこ刻んで冷凍。

マヨネーズを使わない、さっぱり夏らしい
ポテトサラダなんかにたっぷり入れて食べよう。

RIMG1616-1.jpg

ショートパスタの一人前、どれくらい茹でたらいいかを
経験上、覚えてきて、「知恵」がつくってこういうことだと
学識なくても生活力が付いてきた事に満足する私なのでした。
スポンサーサイト
2011. 07. 27. (Wed) 10:07  [料理コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。