≪ 2017. 04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 06 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

Mexico 13日目

13日目:1月6日(木)Guanajuato→Mexico City

ホテルの朝食で、念願のメキシコ版目玉焼き定食を食べる。


0RIMG1041.jpg
○朝ごはん:目玉焼き(赤いソースと緑のソースがかかっていて、
ちょっとだけスパイシー)、豆ペースト、トルティーヤ、
パパイヤ、パイナップル、
フレッシュオレンジジュース、レモングラスティー


普段は目玉焼きにはソース派の家庭で育った私ですが、
このソースは、かなりツボな美味しさ。

バスに揺られること5時間ほど、メキシコシティに戻り
タクシーでホテルへ向かうも、ものすごい渋滞。

これがメキシコシティ名物か、、、と思うも
動かない車列にイライラする運ちゃんにハラハラ。

ホテルへ荷物を置いたら、閉館時間が迫る
ディエゴ・リベラ博物館へと急ぐ。

彼の代表作の壁画はさすがの迫力。
ほぼ貸し切り状態で堪能させていただく。
本物が見られて良かった。

0RIMG1043.jpg
0RIMG1044.jpg

街の中心地、ソカロへ戻り、カテドラルを見学。
新宿のような賑わいの町をブラブラしながら
庶民派食堂のようなレストランで夜ごはん。

0RIMG1046.jpg

○夜ごはん:メキシコ風ステーキ(ジャガイモと
玉ねぎ入りのトマトソース、豆ペースト)、ゴマ付きパン 55ペソ


同じレストランでケーキを買って、お部屋で食べる。

0RIMG1050.jpg
○おやつ:スポンジケーキ 0.85ペソ(1ペソ以下!)

昭和な雰囲気な見た目にぴったりな
シンプル味の不二家っぽい“おやつ”

メキシコ最後の夜にメキシコらしい素朴なケーキをほおばりつつ、
盛りだくさんだった旅を思い返しながらも、明日、旅先から帰る場所が
日本じゃないということに、自分がアメリカに住んでいるんだとヘンに
実感する私なのでした。

宿泊先:Hampton Inn&Suites Ciudad de Mexico Centro Historico(1室 US$95.08)

スポンサーサイト
2011. 04. 05. (Tue) 10:10  [旅行コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。