≪ 2017. 04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 06 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

Mexico 12日目

12日目:1月5日(水)Guanajuato

今朝もゆっくり朝ごはん。
宿泊客が減ったからか、昨日のビュッフェから
メインを一品オーダーする方式に。

0RIMG0968.jpg
○朝ごはん:ホットケーキ、ヨーグルト、シリアル、
イチゴソース、パパイヤ、パイナップル、コーヒー


今日はまず、アロンディカ・デ・グアナディータスなる
歴史博物館のようなところへ行ってみる。

建物、展示とも見応えたっぷり。

特に古代の発掘品のスタンプのようなものや
古い刺繍工芸品など、すごく面白い。

続いて、グアナファト生まれの壁画家で
フリーダ・カーロの夫だった、ディエゴ・リベラ博物館へ。

ここはディエゴの生家を博物館にしていて
ディエゴの作品がたくさん見られる。

時代によってスタイルがガラっと変わっていて
その変化たるや「節操なさすぎ?」と思えるほど

続いて、グアナファトの町はずれ、バレンシアーナ
行くべく地元バスに乗ってみる。

メヒコ濃度100%の車内にはちょっとドキドキしたけど
高台にあるバレンシアーナの町まで20分ほどの
ミニトリップは車窓からの景色は楽しく、風が気持ち良かった。

0RIMG0981.jpg
0RIMG0984.jpg

0RIMG0985.jpg
0RIMG0995.jpg

バレンシアーナでは大聖堂と銀山跡を見学。

どちらも風変わりで、市街地とはまた違う
のんびりとした雰囲気を楽しんだ。

再び、親切なメヒコたちが教えてくれるがままに
バスに乗り、市街地へ戻る。

再び、昨日の“角刈り兄さん”のお店でお昼。

0RIMG0997.jpg
0RIMG0999.jpg
○昼ごはん:白身魚のトマトスープ、
トルタ(メキシコ版サンドイッチ、
豚肉、トマト、アボカド) 1人40ペソ程


ここは何を食べても美味しかった。

スープは香草がきいてて魚も新鮮。
魚介だけでなく、豚肉を挟んだサンドイッチも良かった!

そして、グアナファトの道の狭さを象徴する
観光名所“口づけの小道”へ。

0RIMG1002.jpg
0RIMG1006.jpg

家と家がくっつくように建っていて
小道を挟んで、メキシコ版ロミオとジュリエットが
口づけを交わしていたらしい。

窓を開ければ、隣家の壁が触れるような
密集住宅街に育った身としては、あまり驚きもしないけど
結構な人気スポットのようで、観光客の人がいっぱい。

その後、ドンキ・ホーテ博物館へ。
ここ、この旅行で唯一ともいえる「がっかり名所」だった。

お手洗い借りたし、良しとしよう。

ホテルへ戻って、ホテルのテラスで夕日を眺める。

だんだんと赤みを増す空の下、
重なるように斜面に連なる家々に明かりが灯っていく。

0RIMG1026.jpg
0RIMG1035.jpg

すっかり日が落ちるのを見届けて
夜の街へと食事に出かける。

その前に、、、
○夜おやつ:再びの“エローテス”
(メキシコ版ゆでとうもろこし)


旅も後半、グアナファト最後の夜は
気になっていた小ぎれいなレストランへ。

○夜ごはん:メキシコステーキ(チョリソ、豆ペースト、
グアカモーレ、ライス、サボテン、小玉ねぎ、とうがらし)、
白身魚のソテー(青菜とナッツが入ったクリームソースを
白身魚で包んで焼いてある)、
りんごソーダ 1人190ペソ程


ボリュームたっぷりで、どれもさすがに
洗練された味で美味しかった!

2週間の旅も数日を残すのみとなり
さっき見た夕日を思い浮かべては多少の感傷に浸りつつも
肉の塊を目の前にしてみると、あっさりと気持ちが高揚する
とことん“食いしん坊、万歳!”な私なのでした。

宿泊先:El Meson de Los Poetas(1室 1,265ペソ)
スポンサーサイト
2011. 04. 05. (Tue) 09:17  [旅行コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。