≪ 2010. 12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2011. 02 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

Mexico 4日目

4日目:12月28日(火)Oaxaca

ものすごい強い日差しのもと、朝ごはんを兼ねて市場へ行ってみる。

道中にバスチケット売り場を発見。
昨日の教訓から、これ以降の旅程のバスチケットを先行購入。

市場の一角の食堂が集まっている
エリアにあったスープ屋さんで朝ごはん。


○朝ごはん:スープ(色々なモツ、ひよこ豆)、トルティーヤ 25ペソくらい

0RIMG0583.jpg

注文毎に、お店のおばちゃんが色々なモツを
ちゃちゃっと器に切りいれて、そこに
アツアツのこってりとしたスープを注いで出来あがり。

0RIMG0584.jpg

モツの臭みはなく、ライムを絞って食べると
こってりしたスープに酸味がよくあう。

体が温まって、朝からパワーがつく。
メキシコの定番朝メニューらしく、同じような
スープを売るお店がいくつかあった。

トルティーヤは店から店へ売り歩いている
おばちゃんからホカホカを2枚買う。

このトルティーヤ、とうもろこしの味が濃くて美味。

0RIMG0587.jpg0RIMG0590.jpg

民芸品の市場は朝早すぎたのか、まだ開店準備中。

通りかかったソカロでメキシコ銘菓のフラン
売っている屋台を見つけたので、食べてみる。

0RIMG0592.jpg

カップに入った方は冷やし固めたタイプで
“プッチンプリン”をあっさりさせたような感じ。

三角形の方は焼いたタイプ。
玉子とミルクの味がしっかり濃くて美味しい!

しっかり食べたら、オアハカの教会巡りへ。

0RIMG0595.jpg
0RIMG0600.jpg
0RIMG0603.jpg
0RIMG0604.jpg
0RIMG0610.jpg
0RIMG0611.jpg 0RIMG0612.jpg

さすがの日差しに、カフェにて、しばし休憩。

○お茶:ミントティー 14ペソ

メキシコはハーブティも良く飲まれているようで
どこのカフェにもあって、ティーバックだけど
ちゃんと熱々のお湯が出てくることが多く、美味しい。

民芸品を買いに、再び、市場へ向かい
ついでに、お昼も市場で食べることに。

0RIMG0621copy.jpg
○昼ごはん:トスターダス(直径25cmくらいのパリっとしたトルティーヤに
薄切り牛肉を焼いたもの、豆ペースト、オアハカチーズ、トマト、レタス、
アボカドをのせたもの)、コーラ 50ペソくらい


このメキシコ版ピザのようなトスターダス、大好き!

黒くて延ばしてあるのが豆ソースで
豆好きの私には溜まらないもったりとした質感。

白くて全体に散らしてあるのがオアハカチーズ。
懐かしの裂けるチーズのように縦に裂けて
食感や味はモッツァレラのようで、
ややモチモチとして、さっぱりとくせのない味。

薄くてパリパリしたトルティーヤに乗った色々な具材に
サルサをかけて食べると、様々な食感や味覚が一緒になって
楽しくて美味しい。

大満足ご飯の後は、民芸品市場でオアハカ名物の
カラフルな刺繍の入った民族衣装を買いにいく。

0RIMG1059.jpg

全てのお店をくまなく見て回り、
黒ベースにカラフルな刺繍が映える、これに決めた!
夏に着るのが楽しみだな~。

その後は街をぶらぶらしたりホテルで一休みしたり。

さ、夕ご飯はどうしようか~と歩いていると
なんだか“良さそう”なタコス屋さんがありトライ。

○夕ごはん:ミニタコス(ローストポーク、サルサベルデ)
トルタ(メキシコ風バケットに鶏肉、豆ソース、トマト、
アボカドが挟んであるサンドイッチ)
トスターダス(薄く焼いたトルティーヤにチョリソ、レタス、
トマト、アボカドをのせてもの)
玉ねぎロースト、アップルソーダ 一人80ペソくらい


ここ!今回の旅で一番美味しかった!!

メニューはどれも地元の人がサクッと
スナック感覚で食べるものだろうけど
全部がシンプルながら、そのレベルの高さに驚かされた。

最初はタコスだけ食べてみようか~というノリで入ったお店だったけど
目に入るものが全て美味しそうで、全メニュー制覇となった。

0RIMG0622.jpg
まずはメキシコの定番アップルソーダとタコス用のサルサベルデが出てきた。
ここのサルサベルデは温められているものが、テーブルに置きっぱなしではなく
注文の度にサービスされていて、「この店イケルんじゃ?」と期待を抱き始める。

0RIMG0623.jpg
長男が炙り焼かれている塊から切り落とした豚肉を
母さんがトルティーヤでくるんでいく。
(ってバイト君とパートさんかも知れないけど)

0RIMG0627.jpg
来た~!この素っ気ない見た目が逆にウマそう!!

0RIMG0628.jpg
中身はローストポークのみ、サルサベルデをかけて一口。

これだ~、メキシコで食べたかったのは!!!

続いて、カウンターの中で作っている様が
あまりに美味しそうだったメキシコ版サンドイッチ、トルタを注文。

0RIMG0629.jpg
パン、アボカド、トマト、チキン、豆ソース、パン

トルタ万歳!!!

0RIMG0630.jpg
ただのローストした玉ねぎだけど、潔くさっぱりと美味しい。

0RIMG0631.jpg
やっぱり調理されている場所がスッキリ、きれいなお店は間違いない。

0RIMG0632.jpg
私の食べたチョリソのトスターダス。
ものすごい赤いのがチョリソ、スパイスが効いたソーセージ。

このお店のトスターダスは手のひらサイズの
やや厚手の揚げトルティーヤにシンプルな具材で
全ての食材の新鮮さが活かされてる。

0RIMG0633.jpg
こちらはマリカ注文のチキンのトスターダス。

大満足でホテルへ戻る道を歩きながら
メキシコの楽しさを満喫した一日を過ごせた
充実感に酔いしれる私なのでした。

宿泊先:Hotel Principal(1室:US$40)
スポンサーサイト
2011. 01. 31. (Mon) 00:07  [旅行コメント:0  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。