≪ 2010. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010. 11 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

ピザと夕暮れ

今週、平日はずっとぐずついたお天気だったけど
週末は「街へ出よ」と言わんばかりの晴天。

ということで、お散歩。

ごちゃまぜな大都会NY、ふとしたところに
こんなタイムスリップしちゃったみたいな
ガスステーションを見つけたり
10100301.jpg

そこにいる人が全員賢そうに見える
NY大学の法律学校の前を通り過ぎたり
10100302.jpg

歩いてたらお腹が空いた。

夕ご飯は、寮の近くにあって目をつけていた
イタリアンレストランに併設された、
ピザスタンド“Artichoke”へ行ってみる。

メニューはピザ4種類だけ。

10100303.jpg
○Artichoke $5.00/1slice

こちらのピザ平均価格からするとかなり高いけど、
半径30cmはあろうかという巨大さ。

ベースはバジルの利いたベシャメルソースがたっぷり。
そこにモッツァレラチーズとアーティチョークが点々と埋もれてる。

厚めのピザ生地に上質なグラタンがのっかっているような感じ。
うーん、濃厚!生地もカリッとモチっとさすがに美味。

ですが、さすがに全部は食べきれず、残りは持ち帰り用袋へ。

10100304.jpg
こんな夕暮れを見せてくれたりして
やっぱりNYって女心を掴む術を知っているな~と
ほの温かいピザの袋を抱え、家路を急ぐ私なのでした。
スポンサーサイト
2010. 10. 04. (Mon) 11:01  [外食コメント:0  トラックバック:0

秋の空

あきのはじまりのいちにちのはじまり


2010. 10. 04. (Mon) 10:57  [その他コメント:0  トラックバック:0

MUGGYな一日

久しぶりに連日の雨模様のニューヨーク。

火曜日の今朝は細かな雨とむっとするような生温い気温。

こういう、お天気のこと、“muggy”と表現するんだそう。

感じの悪いもしくは頭のオカシイ人を演じて周りと距離を置きたい方は
秋雨の東京、職場で学校で「今日はmuggyだね」とご活用を。

ちなみに、名前の「マギー」は“Maggy”と綴り
「女子名:Margaretの愛称」とのこと。

えっ!女子名?

マギーって言えば、あのマジシャン師弟でしょ?
または、あの本業良く分からない黒ぶち眼鏡の人でしょ?

ひょんなことから、語学学習の奥の深さを垣間見た私なのでした。
2010. 10. 04. (Mon) 10:33  [英語コメント:0  トラックバック:0

懐かし校舎と通信費

日本へファクスで送らなければいけない書類があり
学校の図書館でファクスが無いか聞いてみると
Thomas Hunter Hallなる別館に
タダのファクスがあるとのありがたい情報を入手。

かなり古い校舎は 母校の旧・中等部 みたいで懐かしい感じ。

さて、ありましたよ!ファクスマシーン!!
(“ファクス”“ファクシミリ”じゃなくて皆こう言ってたの)

しかし、残念ながら国際送信は出来ないとのことで
学校の近くの“FedEx”へ。

無事、聞き覚えのある「ぴ~ぴろぴろり~」
という音がして送信完了。

そのコスト、2枚で $9.98!!!

通信費の高さに腹立たしさを覚えつつ
強まる風雨の中、アッパーイーストらしい
上品な街並みを歩きながらも
「ったく、よく降るな~」と
つい、つぶやいてしまうダウンタウン育ちな私なのでした。

2010. 10. 04. (Mon) 10:26  [その他コメント:0  トラックバック:0

Happy Birth Day!!

本日は我らがアイドル、きみちゃんのお誕生日ということで
やってきました、イーストビレッジの“Kajitsu(嘉日)”



麗しき女子5名でテーブルを囲めば
ここがNYだなんて信じられないような本格的な和空間。

10092602.jpg

いただきましたのは、せっかくのハレの日ということで
フルコースの“HANA”$70をオーダー。

10092603.jpg
○Taro Dumplings with Black Daikon(芋名月の月見団子)

もちもちつるりのお団子にほんのりかぼすの香り。
このお皿の模様みたいに張り付いてるのが黒大根。味は普通の大根かな。

10092604.jpg
○Clear Soup with Tofu Chrysanthememum,
Lobster Mushroom and Chrysanthememum Petals
(菊花豆腐とロブスターマッシュルームの澄まし仕立て)


ロブスターマッシュルームって初めて食べましたが
エリンギのようにしこしことした歯ごたえでなかなか美味しい。
でも、なぜにロブスター?ぷりぷりしてるってことか?してないけど、、、

やっぱり日本人、こういう「お澄まし」いただくとホッとする。

10092605.jpg
○Matsutake Mushroom and Spinach Ohitashi,
Panko Fried Matsutake Mushroom,Herts of Palm
(マツタケとほうれん草の浸し/松茸フライ/ハーツオブパーム)


まさかNYで松茸食べるとはね~。
さすがに香り高く、とはいかないけど、ま、初物ってことで有難く頂戴する。
ハーツオブパームがサクサクとして新芽の筍みたいで美味しかった。

10092606.jpg
○House-made Soba with Hoji-Cha Leaves(茶香そば)

このお店に来たら、このそばを食わずして帰らざるべしって一品だそう。

確かにおそばは美味しかったけど、ほうじ茶の香り?
私、あんまり香りに敏感じゃないので、
言い出せなかったけどみんな同じ感想だった。

でも、そばつゆはお出汁しっかり濃いめで
蕎麦湯で薄めて飲み干したかった!

10092607.jpg
○Simmered Late Summer Vegetables Corn Nama-Fu
with Sweet Corn Miso Sauce,
Green Fig Tempura with Sesame Cream
(名残野菜のくたくた煮/とうもろこしの生麩挟み焼き/
無花果の天ぷら胡麻クリーム掛け)


このとうもろこしの生麩!すごーく好きな味と食感。
とうもろこしが練りこまれた生麩をとうもろこしの芯で
挟んで焼いてあり、とうもろこしの風味が濃縮されてます。

下に敷いてある味噌ソースとも相性バッチリ、ああ、また食べたい。。。

それにしても、「あえて」名残野菜を食べるっていう心情を
理解してくれるアメリカ人は一体どれだけいるんでしょ。
って、日本人でも怪しいもんか。

10092608.jpg
○Steamed Brown Rice with Julienne Nagaimo
and Brown Rice Crisp
(玄米ご飯/白糸長芋掛け/自家製漬物)


ほんのり温かいご飯にお出汁でのばした長芋、歯ごたえのいいお漬物。
あぁ~、日本人で良かった~~~(ってここNYですから!)

玄米を揚げてパフにしたものが添えられていて
少しかけると、ねばねばとカリカリの食感の組み合わせが楽しい。

10092609.jpg
○“Ohagi”Sweet Rice Ball
with Azuki Bean Paste Nuts infused Rice Milk,CocoaNibs
(西風おはぎ)


出た!おはぎですよ、あーた!!

中のご飯がライスミルクで煮てあったり
ココアニブというカカオの実を砕いたものがのっていて
純和風というよりはアジアンなおはぎ。

私はこれはこれで好きだけど、
母の作る頭痛がするくらい甘ーいお汁粉が食べたくなった。

10092610.jpg
○Matcha Tea Served with Candies by Kyoto Suetomi
(抹茶と琥珀合わせと桔梗~京都末富より~)


毎日京都から新幹線に乗って、日本橋高島屋へ生菓子が
納品されるというVIPな和菓子屋として憧れていた
「末富」のお菓子をNYで頂くとは、いとおかし。

精進料理とはいうものの結構なボリュームで
まさに五感フル満足の夕餉。

そして何より、NYにいて、きみちゃんのお誕生日を共に
お祝い出来る自分の幸せをひたひたと感じた私なのでした。
2010. 10. 04. (Mon) 05:58  [外食コメント:0  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。