≪ 2017. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 05 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

縮小版中国的昼餐

フレンチに続いては、超オーセンティックな中国へひとっ飛び。(って別の日だけど)

30分ほどで雰囲気も価格帯も食べ物もお客さんも
まーったく違っちゃう、この感じが、
ごちゃ混ぜNYを良く表わしてると思う。

フラッシングという空港近くの
決してお上品とは言えないエリアは
中国系や韓国系の移民の人が多いところ。

そこにある怪しげな雑居ビルの地下と言う
母が聞いたら卒倒しそうなロケーションに突撃体当たりリポート。



ほら、なんともアメ横な空気でしょ?

0IMG_0184.jpg

幅広手打ち麺羊肉ソースが絡まってます。

山椒などが効いていて、独特のスパイシーさがくせになる感じ。

もちもちの麺とガツンとスパイシーな羊肉が
お互い、負けることなく、しっかりタッグを組んでます!

この麺、一口大くらいの麺の生地を
両手でびよーんっと延ばして、麺台に
打ちつけて一枚(?)ずつ、その都度作ってた。

0IMG_0185.jpg

この豆腐!!すっごい美味しかった~~~!!!

柔らかくて滑らかなお豆腐に酸味と辛味がいい具合の
スープがかかっていて、刻んだザーサイと香草がたっぷり。

お家でも再現出来そう。

のんべえには、夏はこれとビールで決まり!

0IMG_0186.jpg

こちら、羊肉バーガー

スパイスがしっかり効いた羊肉がたっぷり入っていて
「肉食べたぜ!」という充足感を与えてくれます。

0IMG_0188.jpg

肉好きの私は大満足で、この笑顔です。

0RIMG1431.jpg

そして、お家に帰って、ご近所さんのPeter Pan Bakery
で、ふーちゃんオススメのブラウニーを買って
アメリカ式に〆て、今日は体重計に乗るのは止めておこうと思う私なのでした。
スポンサーサイト
2011. 06. 01. (Wed) 09:54  [外食コメント:0  トラックバック:0

フレンチ三昧

さかのぼること一カ月前、5月の初頭に
アヤと2人「まともな外食しよう!」ってことで
行ってきました、『L'Ecole』



SOHOのど真ん中にあるこちらは、フレンチ料理教室が
経営するレストランで、シェフの卵たちの実践練習も
兼ねているため、お手頃価格で本格フレンチがいただけます。

前菜、メイン、デザートの3コースで28ドル

さささ、アミューズがやってきて、
いよいよ楽しみにしていたランチが始まります。

0RIMG1424.jpg

塩気のあるシュー皮にトマトと何か(忘れた)
これから始まる食事を期待させる美味しさだったことは覚えてる。

0RIMG1425.jpg

パンやバターも美味しくて、ついつい食べ過ぎます。

0RIMG1426.jpg
○前菜:ロブスターサラダとホワイトアスパラガス(確か)のムース

この美しさ!これぞフレンチ!!
このサラダ、上にのったリンゴの爽やかさと
ムースのまったりとした味、そしてロブスターの
ぷりぷりとした美味しさが一体となって!
一カ月経ったけど、今でも食べたい。

0RIMG1427.jpg
○メイン:ローストダック しいたけソース

ダック好きの私にはたまらん!
特に皮と身の間の脂が!!

久しぶりに手のかかった肉料理を堪能。

0RIMG1428.jpg
○メイン:ステーキ 赤ワインソース

アメリカの焼きっぱなしに塩コショウだけの
サッパリステーキも美味しいけど、やっぱり
たまにはこういう「ソースに命かけてます」という
手間暇かかった仕上げのものは又、格別です。

0RIMG1429.jpg
○デザート:パンプキンベニエ セージ風味アイス添え

一カ月経った(しつこい)今もしっかり
「何だったか」覚えているくらい
印象的に美味しかったデザート。

ふわっと揚がった温かいフレンチ風ドーナッツに
セージの香りが効いたアイスクリーム。

このピンポン玉サイズのドーナッツなら
10ヶくらいはいけそう。いや、もっと?

0RIMG1430.jpg
○デザート:チョコレートパルフェ

チョコレートの風味がしっかりのケーキ。
オレンジとの組み合わせは無敵です。

しっかり、ぜーんぶたいらげて、
楽しいおしゃべりも満喫し、女に生まれた喜びを
十二分に堪能し、大満足で帰路につく私なのでした。
2011. 06. 01. (Wed) 09:18  [外食コメント:0  トラックバック:0

Cokeな夕べ

2010年10月10日(日)

こちらの日曜日は「お休み」モード全開で
街には人が少なくて、ちょっと別の表情。

そんな中、学校の図書館で宿題してたら
寮で仲良くしてもらってた方が明日帰国ということに気が付き
軽い夕食をご一緒することに。

 10101002.jpg

良い感じの宵の口。自転車信号も可愛らしく灯ってる。

チェルシーマーケット近くの広場には、こんなテントが
10101003.jpg

コカコーラの新商品発売イベントでフリーコークを配布中!
10101007.jpg 10101004.jpg

クラシックな瓶の形をしたアルミ缶、真っ赤でカワイイ。

アメリカにいて「赤い」ものが好きになってきたかも。
星条旗から何かのパワーが出ているのか?

さて、夕食はご近所のオーガニック・カフェレストラン
“The Simple Kitchen”へ行ってみた。

ローストチキン入りジェノベーゼのパスタ、
アルグラサラダ(ルッコラのサラダ)をシェア。

まさにシンプルな味で食べやすい。
パスタもちゃんとアルデンテだし、日本のカフェ飯(死後?)という感じ。

デザートは別腹ということで、アップルスパイスマフィンと
アップルタルトをオーダー。

スパイスマフィンはカラメリゼしたお砂糖の風味が
スパイスやリンゴと良くあって、秋のこっくりとした美味しさ。

ここはご飯よりデザートの方が、わざわざ食べる価値ありかも。

飲み物など含め、1人20ドルほど。

同い年だったSさんと最後に色々とお話できて
時間を共有出来て良かったなと思いつつ、
見送る側の寂しさを感じ始める私なのでした。
2010. 10. 18. (Mon) 12:20  [外食コメント:0  トラックバック:0

ピザと夕暮れ

今週、平日はずっとぐずついたお天気だったけど
週末は「街へ出よ」と言わんばかりの晴天。

ということで、お散歩。

ごちゃまぜな大都会NY、ふとしたところに
こんなタイムスリップしちゃったみたいな
ガスステーションを見つけたり
10100301.jpg

そこにいる人が全員賢そうに見える
NY大学の法律学校の前を通り過ぎたり
10100302.jpg

歩いてたらお腹が空いた。

夕ご飯は、寮の近くにあって目をつけていた
イタリアンレストランに併設された、
ピザスタンド“Artichoke”へ行ってみる。

メニューはピザ4種類だけ。

10100303.jpg
○Artichoke $5.00/1slice

こちらのピザ平均価格からするとかなり高いけど、
半径30cmはあろうかという巨大さ。

ベースはバジルの利いたベシャメルソースがたっぷり。
そこにモッツァレラチーズとアーティチョークが点々と埋もれてる。

厚めのピザ生地に上質なグラタンがのっかっているような感じ。
うーん、濃厚!生地もカリッとモチっとさすがに美味。

ですが、さすがに全部は食べきれず、残りは持ち帰り用袋へ。

10100304.jpg
こんな夕暮れを見せてくれたりして
やっぱりNYって女心を掴む術を知っているな~と
ほの温かいピザの袋を抱え、家路を急ぐ私なのでした。
2010. 10. 04. (Mon) 11:01  [外食コメント:0  トラックバック:0

Happy Birth Day!!

本日は我らがアイドル、きみちゃんのお誕生日ということで
やってきました、イーストビレッジの“Kajitsu(嘉日)”



麗しき女子5名でテーブルを囲めば
ここがNYだなんて信じられないような本格的な和空間。

10092602.jpg

いただきましたのは、せっかくのハレの日ということで
フルコースの“HANA”$70をオーダー。

10092603.jpg
○Taro Dumplings with Black Daikon(芋名月の月見団子)

もちもちつるりのお団子にほんのりかぼすの香り。
このお皿の模様みたいに張り付いてるのが黒大根。味は普通の大根かな。

10092604.jpg
○Clear Soup with Tofu Chrysanthememum,
Lobster Mushroom and Chrysanthememum Petals
(菊花豆腐とロブスターマッシュルームの澄まし仕立て)


ロブスターマッシュルームって初めて食べましたが
エリンギのようにしこしことした歯ごたえでなかなか美味しい。
でも、なぜにロブスター?ぷりぷりしてるってことか?してないけど、、、

やっぱり日本人、こういう「お澄まし」いただくとホッとする。

10092605.jpg
○Matsutake Mushroom and Spinach Ohitashi,
Panko Fried Matsutake Mushroom,Herts of Palm
(マツタケとほうれん草の浸し/松茸フライ/ハーツオブパーム)


まさかNYで松茸食べるとはね~。
さすがに香り高く、とはいかないけど、ま、初物ってことで有難く頂戴する。
ハーツオブパームがサクサクとして新芽の筍みたいで美味しかった。

10092606.jpg
○House-made Soba with Hoji-Cha Leaves(茶香そば)

このお店に来たら、このそばを食わずして帰らざるべしって一品だそう。

確かにおそばは美味しかったけど、ほうじ茶の香り?
私、あんまり香りに敏感じゃないので、
言い出せなかったけどみんな同じ感想だった。

でも、そばつゆはお出汁しっかり濃いめで
蕎麦湯で薄めて飲み干したかった!

10092607.jpg
○Simmered Late Summer Vegetables Corn Nama-Fu
with Sweet Corn Miso Sauce,
Green Fig Tempura with Sesame Cream
(名残野菜のくたくた煮/とうもろこしの生麩挟み焼き/
無花果の天ぷら胡麻クリーム掛け)


このとうもろこしの生麩!すごーく好きな味と食感。
とうもろこしが練りこまれた生麩をとうもろこしの芯で
挟んで焼いてあり、とうもろこしの風味が濃縮されてます。

下に敷いてある味噌ソースとも相性バッチリ、ああ、また食べたい。。。

それにしても、「あえて」名残野菜を食べるっていう心情を
理解してくれるアメリカ人は一体どれだけいるんでしょ。
って、日本人でも怪しいもんか。

10092608.jpg
○Steamed Brown Rice with Julienne Nagaimo
and Brown Rice Crisp
(玄米ご飯/白糸長芋掛け/自家製漬物)


ほんのり温かいご飯にお出汁でのばした長芋、歯ごたえのいいお漬物。
あぁ~、日本人で良かった~~~(ってここNYですから!)

玄米を揚げてパフにしたものが添えられていて
少しかけると、ねばねばとカリカリの食感の組み合わせが楽しい。

10092609.jpg
○“Ohagi”Sweet Rice Ball
with Azuki Bean Paste Nuts infused Rice Milk,CocoaNibs
(西風おはぎ)


出た!おはぎですよ、あーた!!

中のご飯がライスミルクで煮てあったり
ココアニブというカカオの実を砕いたものがのっていて
純和風というよりはアジアンなおはぎ。

私はこれはこれで好きだけど、
母の作る頭痛がするくらい甘ーいお汁粉が食べたくなった。

10092610.jpg
○Matcha Tea Served with Candies by Kyoto Suetomi
(抹茶と琥珀合わせと桔梗~京都末富より~)


毎日京都から新幹線に乗って、日本橋高島屋へ生菓子が
納品されるというVIPな和菓子屋として憧れていた
「末富」のお菓子をNYで頂くとは、いとおかし。

精進料理とはいうものの結構なボリュームで
まさに五感フル満足の夕餉。

そして何より、NYにいて、きみちゃんのお誕生日を共に
お祝い出来る自分の幸せをひたひたと感じた私なのでした。
2010. 10. 04. (Mon) 05:58  [外食コメント:0  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。